N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
スクエア・パネル












愚図愚図していて買うのが遅れていたパネルが、手元に届いた。
正方形のS(スクエア)サイズ各種。

恥ずかしながら、Sサイズのパネルがあることを知らなくて、
木材のショップなどで板を買っていたら、イラストをやっている友人に「あるよぉ」と笑われた。
S堂などにあると言われたのでわざわざ買いに行ったら店頭になくて、「お取り寄せになります」と言われ、ちょっと萎えて面倒くさくなり、ネットで買うことにした。

あるようで意外とネットショップにも在庫が少なく、少し高めだがY画材というショップで注文した。
漸く届いたパネルは予想以上に質の好いもので、梱包を解くと木の良い香り。
ヤスリをかけてあるのか、手触りもやわらかくすべすべだった。
これだけでも気分が上がる。
自分でもちょっと可笑しくなるが、でもやっぱり新しい画材はうれしいものだ。

これからやっと温めていたモチーフを展開してみる。
少しずつまた頑張ります。。。
スポンサーサイト
絵筆のこと
ehude 003r










個展も終わって、現在アップする画もないので久々に画材ネタ。

現在、画を描くのに最も使用する絵筆は、平筆である。
いつからか、ほとんどの部分をこれらで描くようになった。
特に、硬めでぴしっとエッジが決まるものが好き。
だが、ばほばほになってしまっても、それはそれで使い道がある。
建物の経年の汚れなどを描くときには都合がいい。
ということで、ほとんど捨てないのでかなりの本数がたまった。

一番左のものだけ、細い線描を描くときに使う面相筆。

この写真には無いが、日本画時代によく使っていた刷毛なども、
大きな画面の背景などにはたまに使っている。
和名の付いた絵の具











ちょっと体調がすぐれなかったりしたので、今日は画材の話でお茶を濁しておきます。

ワタシは画材に関しては全くコダワリ無く、現在主に使用しているアクリル絵具とパステルはメーカーもごちゃまぜ、色が好いと思ったら何でも使います。
ですが、画材屋へ行くとどうしても目に付いてしまうシリーズがあり、それがターナー社のアクリルガッシュの「和」カラーのシリーズ(ジャパネスクカラー)。他のメーカーのものは色名は全て横文字ですが、このシリーズだけ和名、それも何とも心憎い命名がしてあります。

中でもワタシが多用しているのが「赤墨」「消炭色」「紅梅色」「真朱」など。
「消炭色(けしずみいろ)」なんて、好いネーミングでありますねー。
日本画の岩絵の具名にもこれは無い(と思う)ですね。色はややくすんだ黒。ってわかりづらいですね。てかてかの黒ではなく、艶消しされたような濃い灰色とでも言いましょうか。とても好い色です。

「紅梅色」は平たく言えばピンクですが、これも微妙なくすみがあり、灰色を混ぜると陋巷によくある薄紅色っぽいトタンの色になるので、非常に多用。ただ、チューブに印刷されている色と実際とはちょおっと違うのが難点。画材屋さんでは「チューブの蓋は開けないで下さい」と時々張り紙してありますが、開けないとどうも色が確認できないのですね~。使い慣れた色はもういいのですが。

で、時々今でも新色が出ているのがまたスバラシイ。ターナー社の意欲に拍手。
最近の新色でワタシ的ヒットは「赤墨」。
これも非常に微妙な色ですが、ほんの少し茶系の黒。たしか画墨にこういう色があったなぁ。
黒に重ねても温かみのある暗さになるので気に入っています。
これからもネーミングと微妙な色合いで惚れさせるヒット作を是非、期待しておりますハイ。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。