N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
バラック築地篇


またまたバラックを見に行ったのである。今度は築地だ。
「Kai-wai散策」で写真を見て以来、どうしても現場に行きたいと思っていたのだ。三階建てバラックというのはそうはお目にかかれない。
ようやく長い梅雨が明けて、日曜日の築地は普段より閑かだったが、晴れ晴れとしていた。その青空のもと、このバラックを眺めた。
何とも凄い建物だった。
かつてここも「水辺のバラック」であったということは「kai-wai散策」のほうに詳しいが、今はその面影は薄らいでいる。しかし何とも存在感のある建築だ。辺りを睥睨するかのようにも見える。そして、同時に青空の下、一瞬に消えてしまいそうな、そんな白日夢を見たような気もしたのだった。
スポンサーサイト
水辺のバラック


カークさんのブログに今年の年頭にエントリーされていた写真を、つい最近見た。そしてとても惹かれるものを感じて、先日暑い日盛りに行ってみたのである。
場所は横浜市内にある、京浜急行沿線の小さな川沿いの一角だ。
駅から線路伝いにしばらく歩くと、そこに出た。このところの長雨のせいで、川の水は緑に濁っている。

川沿いに、バラックと言っては失礼かも知れないが、波形トタンなどに覆われた家々がせり出して並んでいる。かなり錆の出た箇所や、逆に新しげなトタンに覆われた家もあり、まだまだ生活の匂いは感じられる。何より、水辺にあるというのは理由なく惹かれる要素だ。
小さな家々


先日来、家の近所の界隈をゆっくり歩いたり案内したり(されたり)する機会が何度かあった。狭い範囲なのに、廻ってみるとまだまだ通ったことのない路地や気づかなかった味わいのある家、佇んで眺めてみたことのなかった建築などに不意に出会ったりする。そして改めてこの町の奥深さを想う。
このところの長雨でじっとり湿った路地には、まだ時々土の部分があったりして、アスファルトで覆い尽くされた通りより、翳りの部分を保っている。その翳りは何とはなしに心地よく、明るすぎる大通りよりずっと優しい。路地の奥の奥のほうはぼんやり霞むようで、遠い記憶を辿るかのようだ。

今日の画像は、そのごく近所の小さな平屋の家並を描いたもの。勿論随分換骨奪胎しているけれど、かわいい扉があって、大好きな一角だ。背の高くない私には、とくにこんな家にとても親しみがわく。
もっとpureに


ギャラリーツープラスでの初めての企画展が終わり、色々周辺を整理しているのだが、今回の展示で心に残ったのは、画廊さんとその周囲の方々の講評のなかで、自分の「これからの画の志向」が一致したということだ。

「ブルートタンの家」と「鉄塔のある風景」の2作が中でも評価された作品だったのだが、これは自分の中でも本当はそうあって欲しいと思っていた作品だった。しかしNomad展のときは売れずに残ったし、あまり声高に自分から前面に出してはいなかった作品である。それを意外にもプロの方が評価して下さったのは、正直嬉しかった。
tomoさんの写真展「路地の体温」


ギャラリーツープラスでの展示は無事終了することができました。
関係者の皆様、おいで下さいました皆様、ほんとうにありがとうございました。次回報告エントリーを書きたいと思っております。

本日は、これもまたサイトを通じて知り合った、若い友人のtomoさんの初写真展についてのご紹介。

もう1年以上前になるが、「東京浪漫劇場」というサイトに行き当たった。すばらしくデザインされた画面と、その内容の深さに驚いて、時々訪問していたのだが、5月にNomadで自分が個展をするときに、思い切ってメールを出してみたのだった。そうしたら何と「私も7月にNomadで個展をします」というのだ。
ギャラリーツープラス展



7/7,七夕の日から、銀座1丁目ギャラリーツープラスでの展示が始まりました。
私にとっての初めての、画廊の企画展。展示の準備も一切が画廊さんの手で行われ、どんなふうに展示されているのか、私もどきどきしながら、それでもとても愉しみに伺いました。

ギャラリーツープラスの階段を上った3Fの部屋は、白くてあかるくこじんまりして、額無しの私の画がとてもしっくりと馴染んでいました。
「曙ハウス」は大きなイーゼルに立てかけられ、やわらかなライトに包まれ、額無しでも充分映えて見えました。何より全体が閑かな空間を保ち、画たちもそこで憩うような雰囲気が感じられたのが、作者としても嬉しいことでした。

ゼロになってもいい



展示のお知らせ

ピアニシモな建築たち
銀座1-14-15 白井ビル ギャラリーツープラス3F
7/7(金)~7/15(土)日曜、木曜休廊
12:30~19:00
土曜日は17:00まで

詳しくはギャラリーツープラスHPを御覧下さい
気分で描くな



展示のお知らせ***

ピアニシモな建築たち 
銀座1-14-15白井ビル ギャラリーツープラス3F
7/7(金)~7/15(土) 日曜、木曜休廊
12:30~19:00 土曜日は17:00まで
詳しくは前エントリーを御覧下さい
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。