FC2ブログ

N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
儚く脆く


旧遊廓や赤線などの建物に遺っている、昭和初期の豆タイルやステンドグラスの意匠は、現代には無い儚い美しさがあって、ただもう見れば惹かれてしまう。初めて出会った橋本遊廓のステンドグラスの印象は、つよくつよく今も私のまなうらに刻印されてしまっている。以来、そうした意匠のある建築を好んで見に行ったが、同じく京都の五番町の石梅楼や、中書島の遊廓、豆タイルならば都内の洲崎、鳩の町など、その残り香がまだ僅かにあった。

ステンドグラスの模様は様々であるけれど、私はこの画のようなモンドリアン・パターンが特に好きだ。直線と曲線の交錯が流麗で、ところどころに散りばめられる色硝子は、宝石のようにも見える。

この画は画面全体の半分以上を黒で塗りつぶし、そこに何か文字を入れてみようかなどと思って描いたもの。未だに黒いままだが。。。

タイトル無し 18×14㎝の一部 2005
麻紙ボードにアクリルガッシュ、ジェッソ、ミリペン、パステル


追記:本日カウンターが20000ヒットを越えました。2月にブログを起ちあげて半年余り、沢山の方にご訪問頂き、またここから沢山の素敵な出逢いが生まれましたことを、心から感謝致しますと共に嬉しく思っております。どうぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト



Designed by aykm.