FC2ブログ

N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
母の着物



亡くなった母はきものの似合うひとだった。
和箪笥には何枚も、生前大事にしていた着物やら帯やらがはいっていて、その中から何枚か、片づけながら私のところに持ち帰ってきた。

背格好がほぼ同じだったので、母の着物は直さずそのまま私も着ることができる。
紺地に菊模様の紬は、私もそろそろ着てもおかしくない年齢だろう。
もうひとつの、ほとんど白地にもみえるが、淡く灰緑がかった訪問着は、ちいさな絞り染めの線で、椿の模様がいちめんに描かれている。芯の部分が優しい桃色で、こんな色の半襟に合わせたら好いかも知れない。母の好きだった、珊瑚の薔薇のちいさな帯留めかざりと一緒に。
秋になったら、袖を通してみようかと思う。

(今回は、画は夏休みといたしました。)
スポンサーサイト



Designed by aykm.