fc2ブログ

N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
抽象の度合



ワタシの画は、言ってみれば具象でも抽象でもない、その間にあるような画なのであるが、それがワタシのオリジナリティでもある、だろう。
見たままを描くだけでは何だか物足りない。作品の下図としてのスケッチ、その鍛錬は必要と思うが、作品がそこで終わるのはイヤなのだ。だがこれはあくまで自分の描く画についてである。他人の描く画では、いくらでも好きな「見たまま画」はある。・・・多分、きっちりしたことが苦手なドンブリ勘定的な性格も、自分の描き方にはかなり関係している気がする。

アップした画は、実は町屋付近の京成線のガード下をモチーフにしたのである。なかなかそう言われないと解らないと思う。向かって左側がガード。右側がごみごみした陋巷の建物であった。
自分としてはこのくらい抽象度を上げた作品を、常に描きたい欲求がある。無駄を削ぎ落としたフォルム、色の洗練といったものにどうしても憧れがある。(勿論この画が必ずしも成功しているとは言えないが。)

しかし一方で「陋巷画日記」シリーズのような、具象に近く、しかしちょっと抽象化された画は描きやすく、また描いていて愉しい。描き馴れてきたこともあるし、見る側も受け入れ易いだろうと思う。

どちらもやはり否定できないワタシの要素である。この抽象と具象の合間を、これからも行ったり来たりするであろう。描きやすいほうにおもねることはしたくないが、描いていて愉しいことは大切だ。必ず観るひとにもそれは伝わるから。でもいつも何処かで、遠い自分の画の理想型を求めながら、ずっとずっとこれからも描いていたいと思う。
スポンサーサイト



Designed by aykm.