FC2ブログ

N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
オ天道サマヨ、アリガタウ
オテントサマヨ、アリガタウ277


北風の吹く寒い日は、少しでも陽が射してくれると、そこを選って歩きたくなるもの。
ましてや朝から晴れてくれれば、何とかたまった洗濯物をまとめて干したくなるものだ。

とはいえ、この家に出会ったときは、いやはや天晴れという感じであった。
二階部分に造った物干し場を目一杯に使って、家が隠れるくらいに洗濯物やら布団やらを干していた。
場所は京島だったのだが、トタンの屋根と、煙突と、画竜点睛アンテナもすっくとありゃ、もう言うこと無しの好い眺めであったのだ。
スポンサーサイト



Designed by aykm.