N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
余談
dh 009r












少々余談めきますが、先日眼鏡を新調したのです。

もともと多少近眼気味ではありましたが、不惑を過ぎたら急に老眼が激しくなり、
一度しつらえたのがまた度が合わなくなって・・・
眼鏡は買うとかなりするので、まあまあもう少しと
騙しだまししていたのですが、細かい作業がかなりしんどくなって
もう限界。やっとフレームごと新調するに至りました。

遠近両用、と思っていたら今は中距離+近距離の「中近両用」というレンズがあるのですね。
用途がぴったりだったので、それを購入。

・・・いやー、もうこれがよく見えます(涙)。。。
便利です。。。フレームもレンズもものすごく軽いし。

特に細かい部分を描く作業が非常に楽になりました。

で、よく見えるようになったら、
画のアラまでよく見えるようになり・・・

今 8割がた出来上がっている画を、次々チェック・修正の毎日です。
スポンサーサイト
都橋再び
IMG_3439 (2)












夏の間ずっと迷っていたことがあって、
漸く心が決まり・・・
描きかけていたとある画を取りやめて、大きめ2枚の作品のうちの1枚に
都橋(横浜)を描くことにした。

この場所は、自分としては思い入れもあり、
何度となく訪れていた処であり、過去に同様のサイズ(15号)の作品にもしている。
その時はもう少し画面左から観た感じに描いた。
今はその画は嫁入ってしまって手元には無いが、
写真を見ればはっきりと当時の描いた気持がよみがえる。
描き方も、かなり今とは違う。

或る意味、此処の姿、たたずまいは、私の知っている生れ在所としての横浜の
在りし日の匂いを濃厚に伝えてくれる。

「幻燈街」という括りで画を描きおろす今回、
やはりどうしてもこの象徴的な一角をもう一度、描いておきたくなったのだ。

川沿いにカーヴしながらずらりとスナックの類の並ぶ都橋、
今の自分の感覚の声を聞きながら、目下制作中です。



*大倉ひとみ個展 「幻燈街」
2011年10月8日(土)~13日(木)
@銀座一丁目 ギャラリーツープラス
黄昏ゲート














前回 線描きの下図だった画です。
粗く色を置いてあります。
今年の個展のDM用。
DMのための描きおろしと言うべきか。
当初から頭の中には出来上がっていたデザインです。
最終的にはもう少し華やぎますが、
完成はDMが出来上がった時にお見せいたしますね。





*大倉ひとみ個展「幻燈街」
2011年10月8日(土)~13日(木)
@銀座一丁目 ギャラリーツープラス
個展のご案内とDM用下図












少し早いのですが、この秋の個展の日程のご案内です。

というのも、ご遠方の方からうれしいお問い合わせなどもあり。
例年よりひと月早い10月ということもあり。
どうぞ皆様、万障お繰り合わせの上、
ご来場下さいますよう、お願いいたします。


**********************************


大倉ひとみ個展 「幻燈街」

2011年10月8日(土)~13日(木)

@銀座一丁目 ギャラリーツープラス
03-3538-3322

12:00~19:00

 曜日によって変更あり

会期が近づきましたら、詳しい情報を再度このブログにて
お知らせいたします。
*画像は、これからDMに使う予定の画の下図です。
そらいろの扉②













少し間があきましたが、幾つか前の記事で出していた画の続き。
ほぼ仕上がりました。
M3(273×160mm)という小さなサイズですが、
木製のパネルにそのまま描いているので、肌理がうまく
絵具と絡み合っているかなと思います。
古い、汚れた建物を描くには好いですね。

でも汚れた建物を、そのまま汚れた感じにはせず、
いとおしく何処か惹かれる建物に描くには
やはり濁りのない画面にする必要があって、それにいつも
苦心するところではあります。
番外編 ワタシのカメラコレクション
camera-collection 003r











お暑うございます。
暫く涼しさが続いていた東京ですが、また猛暑がぶり返しています。
皆様お変わりございませんでしょうか。

今日は画はちょっとオヤスミして、番外編。
ワタシのカメラコレクション(笑)。

普段、町歩きは写真ブログ関係の方々とすることが多いのですが
そうすると、もう皆さん持っておられるカメラときたら、
お宝ものがゾロゾロ、とっかえひっかえしているレンズだって
もうどれも・・・溜息もの。
「ちょっと持ってて」なんて言われた日には、持つ手がガクガクブルブルもんです。

それに引きかえワタシのバアイは、キャノンのデジカメS90をぶら下げて
気楽にぱちぱち。
しかし、実はカメラが大好きなのです・・・
と言っても、「カメラもののグッズ」なんですね。
特に、ちっちゃいもの中心。

画面右側ふたつはネックレス、
その左は携帯にくっつけているふたつのちっちゃなストラップ、
中央上はスケルトンタイプのミニカメラ(これは撮影できます、粗いけど)、
そして左下はカード入れで、いつもスイカを入れているもの、
黒い箱型は何と鉛筆削り!
どれもとても気に入っております。
そしてどれもお値段は1000円程度!(笑)

こういうオモチャめいたものって、楽しいですよねー。
ではでは。

封切シネマ館③














前作続き。

今回の画像はスキャナにかけたもの。
(前回までは写真)
少々画面向かって左側が欠けておりますが・・・
キャンバスの肌理はこんな感じです。

全体的にちょっと、レトロ感横溢で
賛否ありそうな気もしますが、まあたまには。
で、車もオート三輪が止まっています。
ダットサンにしようかとも思いましたが、
私の幼い頃の記憶にもあるミゼットに。
色合いがぴったりなんですよね。。。
封切シネマ館②
IMG_3377 (2)












8月です。

今年は例年11月だった個展が、画廊さんの都合で10月となり、
うかうかしていると、あっという間です。
幸いこのところ比較的涼しい日が続いているので
助かっています。馬力をかけてガンガン行きたいところですが
まあ、相変わらずのマイペースです。
この年になると無理はききません。
淡々とやるのが自分の性に合っているようです。

さて前作、色を重ねています。

次回は画面右方に、ちょっとした小物?が登場。
次回も見てね(笑)。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。