FC2ブログ

N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
最新作が最良作であること
八広2006.8.1 021 (2)












漸く諸々の雑事が片付いてきて、来年の作品に本腰を入れて取り組み始める時間が出来てきた。

実際に描き出すのはもう少し先になるが、今はじっくりと頭の中で
まだ形になっていないもやもやしたもの・・・を形にしていく作業をする時。
そしてそれはいつも、わくわくととても楽しい時間だ。

形なきものを形にするという面白さは、口ではうまく説明できない気分の高揚がある。

来年は作品たちを、できれば少し連作のように並べてみたい。
ストーリーというほどのものではないかもしれないが、或る統一感のもとに纏めてみたいと妄想している。

素材としては町工場のような、鉄や鋼の匂い、
そして金属の錆や無装飾の建造物、・・・そんな感じを大雑把に考えている。

そして、また新しい展示に向かって一作一作を丁寧に作っていくのみ。
なかなか出来ないことではあるが、最新作が常に自分の最高作であるようにと
そう願いながら。

画像は、おそらく来年の展示作に素晴らしい素材を提供してくれるであろう
大好きな墨田区のY町にて5年前に撮ったもの。
何の工場であるかはさだかでないが、惹かれ続けている一角。
スポンサーサイト



Designed by aykm.