N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ミドリトタンハウス



トタンの家はブルーが多いのだが、時々ミドリ色のものにも出会う。
ミドリと片仮名で書きたくなる、そんな色合い。
そして何故かこの色の家は、愛らしい感じの平屋が多い気がするのだが、まあそれは独断かもしれない。

この家のモデルになってくれたのは京都のさりげない路地の一角にあった小さな建物。窓をちょっとステンドグラス風に描いてみた。


[ミドリトタンハウス]   2005 14×18cm
麻紙ボードにアクリルガッシュ、ジェッソ、パステル、ミリペン
Comment
≪この記事へのコメント≫
マフィンマン様
>こんにちは。いえいえ先日はお忙しかったのでしょう。また機会はあると思いますので、是非その折お目にかかりましょう。
ミドリトタンの家は確率からしても「当たり」という感覚に近いものがありますね!勝ち鬨にもひとつ、可愛いのがありますよね、まだあるかな~。うちの近所には好いのがありますよ。見に来て下さい。
2007/04/11(水) 10:46:45 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
当たり!
言われてみると、陋巷を歩いていて緑色のトタンに出合うと、「当たり!」と思います。ちょっとホッとする色合いですよね。
作品は、とても優しい風合いですね。家屋の影すら薄い緑色に見えてきます。
残念ながら、先日のイベントに伺えませんでした。日曜に伺おうと思ったのですが……。
すいません。またお知らせ下さい。
2007/04/10(火) 21:28:34 | URL | マフィンマン #SFo5/nok[ 編集]
Porco Rosso様
>ミドリの建物って、何か変な気もしますよね。でも、トタンのミドリは何だかそれを超越しちゃっているところがあります。見ていると何だかチャーミングに思えてきますよ。だから時々、ミドリの建物を描きたくなるんです。
2007/04/07(土) 21:28:18 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
ミドリの建物。
ミドリの建物、そういえばあまり見たことがないなあ、と思いました。
こうやって絵で見てみると、ミドリの建物も、なかなかよいものですね。
neonさんの描かれる絵が素敵だからかな。
ずっと見ていたくなります。
2007/04/07(土) 21:12:14 | URL | Porco Rosso #-[ 編集]
henronin様
>そうそう、そうなんですよ~。錆というのは全く、神のなせる技のようですよね。図らずもあのような色、感触になっていくというのはね~。
2007/04/07(土) 20:23:52 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
銀ねずみ様
>はい~、ちょっと可愛げを出してやりました。実際はもちょっと枯れた感じでしたけど。。。
2007/04/07(土) 20:21:18 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
titti様
>粉をふいたようなの、何とも言えないですよね~、私は大抵触ってみるのですけど(すりすりしてる~、と言われてマス)、あのひんやりした感じも好いです。
ええ、ミドリトタンは濃い色合いのものが多いですね。何というか、コアと言うか。。。
2007/04/07(土) 20:19:46 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
青とみどりと錆
トタンには青とみどりが似合います、そのトタンに錆びが出てれば最高の配色です、まさに神の作った配合のようです。
2007/04/07(土) 17:46:13 | URL | henronin #-[ 編集]
ミドリもよい!
いつもの(?)ブルーもいいですが、ミドリもまた好いですね~。とっても可愛いです。
2007/04/07(土) 08:03:41 | URL | 銀ねずみ #z2xLwfM.[ 編集]
そうですよねぇ。
ブルートタン、目に付きますね。
私的には粉を吹いたようなブルーが好きです。
ミドリトタン(ミトコンドリアみたい)は濃い緑が多いかな?
2007/04/06(金) 22:33:42 | URL | titti #wK3Ft9Ds[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。