N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
陋巷八広篇



陋巷画日記・5回目。
去年何度か墨田区の八広方面を歩いた。
一度は京島方面から北上し、今一度は京成押上線の八広駅から南下してみた。小規模な町工場の多いこの町は、閑かだが色々な機械の音が聞こえてくる。そして、錆とトタンと古びた木材の混ざり合ったような色をしている町。勿論此処に散歩に来るような人はめったにいないし、そういう人間に媚びるような店もない。そしてそれが気持好い。

此処では寡黙な職人さんたちが、今日も早よから黙々と働いているだろう。裸電球の下で。
Comment
≪この記事へのコメント≫
マフィンマン様
>「苦手」というのは、「らしさ」のようなものがちらつくのでしょうか。八広は、そういう意味では「墨東らしさ」はあまり感じないというか何というか、媚びてこないところが一人歩きには向いています。是非一度おいでになるのをお奨めしますよ。
2007/04/16(月) 21:03:21 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
まさに!
墨東はなぜか苦手で、これという写真を撮れた試しが一度もありません。
でも、「撮りたい!」と思っているのは、neonさんが描く、まさにこんな感じの陋巷なのです。
もっと嗅覚と働かせねば、と自戒しております。
2007/04/15(日) 23:55:26 | URL | マフィンマン #SFo5/nok[ 編集]
norizo様
>はい、それらは陋巷の雰囲気を醸し出す、重要な要因でして。。。
2007/04/12(木) 21:24:54 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
Porco Rosso様
>裸電球、描いたことはあると思いますが、室内というより屋台のようなお店を描いたのがあったと思いました。だいぶ昔ですけど。。。
何かの折に探してみますね。
2007/04/12(木) 21:23:42 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
電柱の傾き加減、よれっとした下の方の電線、いとをシイです。
2007/04/12(木) 07:23:10 | URL | norizo #-[ 編集]
裸電球の下で
裸電球の下で働く職人さん、、、
想像して楽しみました。

部屋の中、裸電球が出てくるイラストは描かれたことありますか?
ちょっと見てみたかったり。
2007/04/11(水) 22:01:30 | URL | Porco Rosso #-[ 編集]
銀ねずみ様
>ありがとうございます。
こういう何でもない、普通は見過ごしてしまうような家並みが、ふと気が付くと限りなくいとおしく、限りなくなつかしいと思えたりしますよね。
八広は町全体が雰囲気のようなものを持っています。それはとても地味なのですが、市井の人びとの息づかいは聞こえてくる気がします。
2007/04/11(水) 20:52:39 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
henronin様
>確かにこの町は昭和がまだ続いている感じですね。非常に惹かれる町ですから、なるべくすみずみまで歩いて、描いておきたいと私も思います。henroninさんも是非沢山お撮りになって下さい。
2007/04/11(水) 20:48:19 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
Re:おおっ!
>yukiりんさま
さすがyukiりんさん、そーなんですよ、確かに鉄工所や革加工(鞣し?)工場に出くわしました。そしてそういう匂いが芬々と漂っていました。。。お隣町とは言え、京島の雰囲気とは違いますね。
・・・そーそー、取り残されそうな不安な感じ、分かりますよぉ、私もそんな感じになりました。そこが魅力でもありますがね。で、京島や根津に帰るとちょっとほっとしますね。
2007/04/11(水) 20:45:32 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
ああ。
いかにも下町の路地を歩くと出くわしそうな風景ですね。そしてどこかで見たことがあるような風景のようにも感じます。シンプルながら、この建物だけでなく周辺に存在するであろうまち自体の雰囲気というか、息遣いのようなものが伝わってくるような気がして、何だかぐっと来ます。
2007/04/11(水) 20:13:59 | URL | 銀ねずみ #HfMzn2gY[ 編集]
neonさんが八広を描くと昭和がずっと続いていきそう、でもそうは行きそうに有りません、出来るだけ沢山の八広をneonさんの手で残してください。
2007/04/11(水) 18:44:53 | URL | henronin #-[ 編集]
おおっ!
さすがneonさん。八広をうまく捕らえていらっしゃいますね。京島とは明らかに違う空気が漂っていますよね。殺風景なんだけど、奥深くて、鉄のような、革のような匂いがして…。静かだし、商店街もないからでしょうか…一人で歩いていると違う世界に取り残された不安感を感じるんですよ~。変ですかね?
2007/04/11(水) 14:01:24 | URL | yukiりん #G5.loA9Y[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。