N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
緋い階(あかいきざはし)



自分の時間の無い、ハードな日々が続いています。
でも久しぶりに何とか更新です。とはいえ旧作ですが。
前回同様、金沢の裏町を描いた作品。ですが具象の色合いの濃かった観音町に比べ、だいぶ自分なりの描き方で描いた一枚。90年代はこうした試行錯誤を続けていました。そして悩みながらも靭い気持ちがありました。この画を見ているとそれが蘇り、描きたい気持ちが先走ります。

*皆様のブログも拝見しながら、なかなかコメントを残す時間が無く、失礼しております。
Comment
≪この記事へのコメント≫
マフィンマン様
>ありがとうございます。
「好物」でございましたか~。ではいつかのし紙着けて・・・と言うわけにはいかないか。
はいここも実際はともかく、ワタシの画のなかでは完璧に「陋巷」と化しておりますね。
川本三郎さんにも「夢の中の風景」と拙画を評していただいたことがあります。どこかで見たような見ていないような・・・という感じですかね。
2007/05/04(金) 15:00:51 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
夢で見たような
大きくカーブした階段。しかも、街灯付き! 「大好物」です。
全体にトタンのサビ色に彩られた、ここも「陋巷」と呼んでいいのでしょうか。
昔見た夢の中に出てきたような風景です。
つげ義春「ねじ式」の少年が、片腕を押さえながら、階段の上から降りてきそうです。
2007/05/03(木) 08:04:30 | URL | マフィンマン #SFo5/nok[ 編集]
titti様
>瞬きのネガ、という表現をありがとうございます。ネガのように見えてきますね、そう言えば。なんだかちょっとこの世ならぬ雰囲気が結構好きなんです。(アブナイ?)

近所というのは以外と見落としているものも多くて、改めてじっくり見るのは発見がありますよね。
2007/05/01(火) 08:40:33 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
Porco Rosso様
>たしか此処は暗闇坂という名前のついた辺りではなかったかと思います。泉鏡花にゆかりのある町並です。
私ももう一度行きたいですし、此処を歩いたら好い写真が撮れると思いますよ。
2007/05/01(火) 08:37:19 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
まぶたの裏の風景
強烈な日差しの下を歩いていて、瞬きのネガのようですね。
あるいは、日没直後の生暖かい凪の時刻。

私も久しぶりに近所を散策スナップしました。
近所なのに知らない家、道ばかりで楽しめました。
2007/04/30(月) 10:20:19 | URL | titti #wK3Ft9Ds[ 編集]
ここを
ここを歩いてみたいです。
夕暮れ時、紅く染まったこの場所を、のんびり撮影しながら歩く。
絵の奥の階段を上った先に何があるのでしょう?
じい~っと絵を見せていながら、想像して楽しむのであります。(笑)
2007/04/30(月) 06:18:38 | URL | Porco Rosso #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。