N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「廃街」を展示いたします



まだ少し先ですが3月になりましたので、この春の展示のお知らせをふたつ。
もう少し近づきましたらもっと詳しい情報を出せると思いますが、取り急ぎ日程が決まりましたので。。。

2008/3/25(火)~30(日) 「まちの木霊」(グループ展)
                 @千駄木 ギャラリーKINGYO
                 
2008/4/26(土)~5/6(祝) nidoとのコラボ展(タイトル未定)
                 @nido (谷中)

nidoとのコラボ展は時々お知らせしておりましたが、その前に「まちの木霊」というグループ展に今年も参加する予定です。その折、過去作ですが画像の「廃街」(F30)を出品する予定でいます。
この画は今まで未発表のままお蔵入りしていたもので、とにかく一度展示する機会を持ちたいと思いながら実現していなかった大きな作品(909×727mm)です。この写真は画面の左端部分が切れており、実際はもう少し奥行きがある画となっています。

ブログを始めてからは大きな作品は展示しておりませんので、実物は小さな作品しか見たことがないな~という方に是非御覧戴きたく思っております。この作品に関してはこのブログの2006年3月、「京都断章2」として、制作意図などを綴っておりますので、未読のかたはよろしければ御覧下さい。

桜の咲く頃、そして葉桜の若葉のうつくしい頃の展示です。
皆様にお会いできますのを、そして作品を御覧いただけるのを愉しみに致しております。


Comment
≪この記事へのコメント≫
Nobu様
>ありがとうございます。
この画のモチーフになった建物はもう存在していませんが、今でも繰り返し描いてみたいと思わせるような素晴らしい、心に残るものでした。
歳月を経ることによる傷みが、切なくもまた奥行きを増し、きっと一生描き尽くせないでしょうが、そんな感じを画面に表現したいのです。
2008/03/09(日) 10:42:52 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
展覧会おめでとうございます!

街歩きしながら写真を撮っていると、
建物のすそ部分が傷んでいるところに
ついついカメラを向けてしまうのですが、
こちらも年月を経て、とてもよい感じですね。素敵です。
中央の小さなドアにも何か惹かれます…
2008/03/07(金) 17:26:37 | URL | Nobu #mQop/nM.[ 編集]
銀ねずみ様
>大きさはワタシ的には大きいんですが、御覧になるとどうでしょう。額にも入れてないので。。。

それと、わわ~銀ねずみさんも福永武彦お好きなんですね!それはそれは~。ワタシも十代の頃新潮文庫版のものはほとんど読みましたよ。全集お持ちとは、スバラシイ。ワタシは復刻された、綺麗な詩集を持っています。彼の作品には色々影響されたものです。
2008/03/05(水) 11:34:14 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
楽しみです!
これはすごいですね。
この写真からも迫力を感じます。
neonさんの大きな作品をずっと見たいと思っていたので、ぜひ拝見したいです。

それと、Rambler5439さんがコメントで福永武彦の「廃市」に触れていらして、すごくうれしくなってしまいました。大好きな作家なんです。文庫がどんどん絶版になっていくので、学生時代に古本屋を回って、神保町で全集をGETしました。今でも大切な宝物です。
2008/03/04(火) 20:00:51 | URL | 銀ねずみ #sQ7xWqqc[ 編集]
korotyan様
>おお~そうですか!それは愉しみにいたしております。今日(超狭い)倉庫から画を引っ張り出しました。黴びて無くてよかった。。。30号なんて、公募展などに出品される方にはそんなでもありませんが、ワタシにとっては大きい作品です。今見ると、ちょっと手を入れたくなりますね。
2008/03/04(火) 14:01:48 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
非常に大きな絵を展示されるようですね。
画像を見ても分からない絵の詳細と雰囲気を確かめに
是非伺いたいと思います・・・。
もちろんレモン牛乳を片手に・・・。
2008/03/04(火) 00:02:19 | URL | korotyan #goYWM3Ro[ 編集]
Rambler5439様
>ああ、それは残念なことでしたね。
この十年で、橋本は櫛の歯が抜けたように嘗ての建物が無くなってしまいました。
ところで、福永武彦!十代の頃読み耽りましたよ。草の花、忘却の河、廃市、海市。。。
廃市は映画にもなりましたね。勿論見に行きました。この画も、そう言えば忘れていたけれど、何処かに影響があるかもしれません。
2008/03/03(月) 21:12:23 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
titti様
>はい、これは2000年の作で、ずど~んと湿り気たっぷり、絞ると水滴がぽたりぽたり・・・(笑)。
この時代はこんな感じのを描いてました。今はだいぶドライになってきましたかね。
まあ多分あの頃はこんな感じをとにかく描きたかったんですね。
お忙しいでしょうけど、もしまた機会がありましたら・・・お待ちしてます。
2008/03/03(月) 21:06:09 | URL | neon #-[ 編集]
非公開コメントさま
>どうもどうもありがとうございます!
もしお時間ありましたら、是非おいで下さいませ。ちょっと解りにくい場所なので、いらっしゃるときはご案内いたしますので、声をかけて下さいね~。
ワタシもアンティーク大好きなのですよ(和もの中心ですが)。今度何処かご一緒したいですね。ワタシは安物の掘り出し専門(笑)ですが。。。
今後ともどうぞよろしくです~。お気軽にコメントにいらして下さい。大歓迎ですよ~。
2008/03/03(月) 20:59:37 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
橋本の街へもおいでになっていたのですか。羨ましい。
毎週のように京都に通っていた10年前、建築家の友人から「見ておいたほうがいいですよ」と何度も勧められたのに、ついつい仕事にかまけて果たさずじまいでした。
"廃街"、すてきな作品ですね。福永武彦の"廃市"を読んだときのイメージを思い出しました。
2008/03/03(月) 14:19:46 | URL | Rambler5439 #0ecWsDRU[ 編集]
モルタル染み
おや、これはいつもと趣が違うような。
湿り気たっぷり。

そのうちまたなんとか都合つけたいと。

話は戻りますが。
昔の建物は、しゃれていると言うか、色気のあるものがありましたね。
いつからでしょうか、つまらない建物ばかりになったのは。
2008/03/03(月) 14:08:46 | URL | titti #wK3Ft9Ds[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/03/03(月) 11:20:27 | | #[ 編集]
Porco Rosso様
>お!何となんとご上京の機会が?!
うまくお仕事の都合と合いましたら、是非お立ち寄り下さいませ!3月の方はたった1点の展示ですが。。。
この画は現実にあるような無いような、そんな感じを出したくて描きました。夢のなかで見た街、といった雰囲気です。
2008/03/02(日) 21:13:36 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
マフィンマン様
>お、一番にありがとうございます!
是非是非、お待ち申し上げております。
「まちの木霊」は谷中周辺のアーティストのかたがたが集まっての展示です。昨年から参加させていただきました。
また近くなりましたら詳しい情報出しますね。
2008/03/02(日) 21:09:30 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
楽しみです。
春の3月の展示、何とかして関東に行きたいなあ、と思ってしまいます。
見に行きたいです~。
行けるかな? 行けないかな、、、。仕事をがんばって片付けないと、、、。

この画の色合いがたまらんですね。不思議な街、という感じがします。
ひそりと歩いてみたいです。
2008/03/02(日) 18:55:18 | URL | Porco Rosso #-[ 編集]
楽しみです
伺いますとも、伺いますとも。
今回は地元での展覧会なんですね。
「まちの木霊」ですか、好いタイトルですね。
楽しみにさせていただきます。
2008/03/02(日) 18:33:18 | URL | マフィンマン #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。