N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
色硝子でおめかし・2
garasu 002a











この画にも硝子の額が付きました。
額、というより最初から全体のデザインをこうしようと思っていたので、もうすべてが作品の一部です。
nidoのほうでもそんなワタシの要望を、そのまま受け入れて具現化してくれます。いつもありがと~。

昭和初期の建築の丸窓、ステンドガラスのデザインの素晴らしさ。
名建築にもありますが、場末の色町の建物にも眼を見張るような凝った意匠がなされていたことに、今更ながら感動するのです。
もう20年余もそういった世界に魅せられ、追い求めて色々な町にも出向きましたが、いつも「投捨てられた襤褸の片(きれ)にも、美しい縫い取りの残りを発見して喜ぶ」(墨東綺譚)・・・荷風のあの文章が頭をよぎります。

画自体は全くのワタシの創作ですが、このコラボ作品に少しでも心動かされる人がいるとしたら、やはり「あの時代」へのそんな憧れを解って頂けるのでは・・・と思うのです。

Comment
≪この記事へのコメント≫
CAZ様
>永井荷風のものは、若い頃と今では読後感が違うように思います。是非御覧になっては如何でしょう。因みに今のほうがしみじみ読めますね。
2009/03/27(金) 21:14:04 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
昭和浪漫の世界に誘われます。
どこかに仕舞った墨東綺譚を読んでみようかな。
2009/03/27(金) 19:52:03 | URL | CAZ #-[ 編集]
カーク様
>今晩は~。ありがとうございます。
こういうのは創っていて楽しいです。またnidoさんで素敵なのを付けてくれるので、もう楽しさ2倍です~。(デザインは全て私がやっています)
2009/03/24(火) 22:12:37 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
周りの様々なガラスや
花びらの奥行き感も良いですね。
2009/03/24(火) 21:42:02 | URL | カーク #zpbGWri6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。