N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
モノトーンの場末Bar













線を活かしたモノトーンな画も好いかもしれないと、こんなのも描いてみました。
右上の英文は、「場末の毀れかけたバー」てな感じのことが書いてあります。
温泉街のA市にあった、うらぶれた小径の、確かカフェバー(ジャズ喫茶だったかな)ぽい建物をもとに、かなりアレンジ。
小さいけれど、ちょっと抽象画めいた作品。

これからnidoで周りに硝子額を付けて貰いますが、ちょっと色合いもクールな感じにしようかな。。。
でもnidoガラスは決して冷たい感じにならずに、何処かあたたかみが残るので、そこがやっぱりとても好きな処です。これも勿論展示予定。



Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。