N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
装画の仕事2
20060522204439.jpg

昨日、拙画を表紙に使っていただいた本が出来上がって、編集者の方がNomadの展示を見がてら、持ってきて下さった。
タイトル『福祉史を歩く 東京・明治』(河畠修著、日本エディタースクール出版部、装幀は中山銀士氏)。画は、今年の年賀状にも使った作品で、どこという特定の町ではなく、坂道を挟んで何処にでもあるような町、しかし記憶のなかの町であるような・・そんな雰囲気で描いたもの。往来堂書店に出しているポストカードにもこの絵柄のものが販売中。

「福祉史」などと聞くと、何だか縁遠いものと思いがちだが、この本はその歴史を堅苦しく説明したようなものではなく、根本的に「町歩き」の本になっているところが面白い。ここに出てくる町は、四谷鮫河橋、上野万年町、滝野川、巣鴨、本郷、麻布永坂町などなど。これらの地名にピッと反応する方も多かろう。
近代化の端緒となった明治の時代は、福祉の歴史をひもとく上でも、近代化の芽が沢山詰まっている。福祉というと現在・未来には目を向けられるが、過去はそう語られることがない。福祉施設ができていった場所は、多く貧しい者たちの住む場所であったから、そうした町の歴史や地理にも関わり合っている。それらを平易な文章でわかりやすく書いたのがこの本だ。著者の誠実なお人柄が滲んでいるような感じがとてもする。

とくに福祉に関心がなくても、東京町歩きのときに、ああかつてここにはこういう施設がこういう目的であったのだなと思う一助になってくれる入門書として、是非表紙共々ご覧になって下されば嬉しく思います。
Comment
≪この記事へのコメント≫
何をおっしゃるyukiりんさん
そんな~、アホ面なんて卑下しすぎですよって!yukiりんさんのコメント大好きですし。実際にお会いしてますますご本人も大好きになったし。是非またO型同志、私もLGさんのとこに書きこみさせていただきま~す!
そうですか、そんなお客さまが。。京島の方かしら?よくぞおいで下さいました。やっぱりブログ力ってすごいですね。
2006/05/27(土) 16:18:25 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
あ~はずかしい
またまた失礼いたします。
私のアホ面コメントの後の玉井さんの素晴らしいコメント....穴があったら入りたい~(^^;です。
ところで昨日「大倉さんの個展を観てきた帰りです」という初めてのお客様がお見えになりました。ブログを見て行かれたそうですが、見えないところでも広がっているのだなーと嬉しくなりました。
2006/05/27(土) 14:20:28 | URL | yukiりん #-[ 編集]
kadoorie-aveさん
朝早くからありごとうございます。私も4月から5:30起きお弁当づくり生活。だいぶ馴れましたが、kadoorie-aveさんは、個展会場がご自宅から遠いから大変でしょう。まずはご自分の展示に邁進なさって下さいね。私の方は、どうぞご無理なさらずに。個展の時の慌ただしさは十分にわかっていますから。。。
2006/05/26(金) 08:57:58 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
待ち遠しい...
neonさんの絵が本の中身を静かに語り出している....そんな印象の表紙ですね。素敵です!坂道好きなのでなおさら惹かれます。
先日は、お忙しい中、私の個展にも足を運んでくださってありがとうございました。ちょっと出遅れてしまい、1時にギャラリーに到着したものですから、芳名帳にお名前を発見して嬉しいやらがっかりするやら....。neonさんのお名前があることに吃驚・喜んで、私が間に合わなかったことを後悔...。お会いしたかったです~~。
「ピアニシモな建築たち」も、気になって気になって落ち着きません。伺える日が待ち遠しいです。必ず駆けつけます。
2006/05/26(金) 05:50:42 | URL | kadoorie-ave #a1gTsb.2[ 編集]
玉井さん
ああ、何も見てはいらっしゃらないのに、すべてを把握していらっしゃるのですね。こちらこそコメントを拝見して感動してしまいました。まさにお書きになっているその通りなのです。そして、とても誠実な印象の本なのです。研究者を唸らせるようなものと言うよりは、普通の人にも興味を持って貰えるようなやさしい語り口です。まだ先のようですが
大正・昭和編、20世紀後半編の三部作になるそうです。
明日おいでになるとのこと!お忙しいところ本当にありがとうございます。お体はもうよろしいですか?お待ち申し上げております。
2006/05/25(木) 20:58:54 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
yukiりんさん
こんばんは。コメントありがとうございます。どちらかと言えば地味な部類の本なので、書店に平積み・・ってことはあまりないかもしれませんが、そこが私に見合っているかも。あ、たぶん地元千駄木の往来堂書店さんには数冊並ぶとは思います。(私の手書きポップ付きで。。。)
2006/05/25(木) 20:45:36 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
まだなんですが
まだ、読んだことも手にとったこともありませんが、neonさんの絵にふさわしい本だなという気がします。
こういう視点があるんだと感心しました。ぼくたちは、いや、ぼくはというべきでしょうが、福祉というと制度であるように思っていましたが、おそらく、ここに書かれているかつての福祉は制度というようなものではなく具体的な個人や宗教的な、それだけにやむにやまれぬ思いの満ちた自発的な活動だったのでしょう。福祉は制度という抽象概念にではなく、ひとや場所という実体の中にあった。だから、「福祉史を歩く」というようなことができるのですね。・・・・・勝手に本の内容を想像し、勝手に納得して、勝手に感動しています。
「ピアニシモ」もまだなんです。今日は、neonさんいらっしゃるかなと夕方になってノマドに電話をかけたら、明日はいらっしゃるとのこと。夕方に時間があいたらうかがおうかと思っています。

2006/05/25(木) 18:39:14 | URL | 玉井一匡 #StLaI9Ws[ 編集]
楽しみです
こんにちわ。
書店に行くのが楽しみだな~。
隣にいる知らない人に「この表紙の画、素敵ですよね~。私、知人なんです」ってバカな自慢をしてしまいそうです(^^;
2006/05/25(木) 17:58:31 | URL | yukiりん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
福祉史を歩くー東京・明治/河畠修著/日本エディタースクール  neonさんの装丁された「福祉史を歩く」は、ぼくがかなり長く住んでいたところから5分足らずのまちから始まり、同じまちについての記述で終わっている。ぼくはこの本をまだ読んでいなかったのにneonさんのエ
2006/06/05(月) 09:04:42 | MyPlace
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。