N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
四角な画面に四角い構図












前記事の画は、アドバルーンも描いて、だいぶ出来てきましたが、それはまたそのうち。
並行して、シンプルなかたちの画を描き始めるところ。

思い切り四角な構図の、トタン小屋。
本当に四角な建物でしたよ。
入り口は右側の側面にあったと思いました。
しかし既に廃屋で、斜めに木材が打ち付けられ、もう風化に身を委ねて・・・
でも、何故か存在感のある、不思議な古屋。

何とか魅力的に描きたいものです。
Comment
≪この記事へのコメント≫
seq様
>ほんとほんと。
仰有る通りですね。
トタンの持つ、不思議な魅力。
トタンの古家の持つ、滑稽で諧謔的で、それでいて存在感があって美しくて、でも全く作為的なものはなくて・・・
ワタシも当分トタン病から逃れられそうにアリマセン(笑)。
2009/09/28(月) 12:11:12 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
トタンに魅かれる
戦後のある時期、ポピュラーな素材だったんでしょうね。
トタン。
今の時期、一斉に古びて、おとぎの家だったり、
パッチワーク風だったり、構成主義だったり。
とまれ、魅力的な風景が、思わぬ所に残っていたりしますね。seq
2009/09/28(月) 04:08:16 | URL | seq #eRz4VYQw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。