N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ブックカバーのデザイン













また雑貨関係の画をひとつアップします。

これは文庫本サイズのブックカバーの図案のひとつ。(下描き)
画に使うキャンバス地をカバーに仕立て、そこにこれもアクリル絵の具で直描きします。

図柄は3種類の予定で、この「川畔の春」、他に「工場街」「教会に流れ星」。
どれも単色で仕上げようかと思っていますが、この画だけ花びらに色が付くかもしれません。
センターの折り目付近が、本の背部分になる感じです。

**********************************************************************

★谷中の雑貨店 プフレーゲライヒトとのコラボ雑貨展示販売★

2月4日~7日、11日~14日(月、火、水はお店定休日)
@谷中 プフレーゲライヒト
今回の展示はDMは特に作らない予定です。
よろしくお願いします。

Comment
≪この記事へのコメント≫
CAZ様
>ありがとうございます。お忙しいでしょう。ご無理なさらず。でもおいでいただければうれしいです。
2010/01/19(火) 15:51:53 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
最近土日がない週をおくってますが、都合があえば、行きますね。
2010/01/19(火) 00:34:57 | URL | CAZ #-[ 編集]
Hologon158様
>は、はあそれはこちらとしても意識している事柄なのですが・・・
鋭意努力いたします(笑)。
2010/01/18(月) 16:16:03 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
しゃれていて、いいですね
でも、好い加減なことを言わせていただきますと、
私は、いつも思っていることが一つあります。
本のカバーは、本に合わせて折って使うときが「晴れ姿」です。
そのとき、3つの面それぞれが絵になるように工夫して欲しいのです。
とくに、表と背には、それだけ見ても、
「あっ、センスのいいカバーだな!
どこの書店かな?」
見る人に、そううらやましがらせて欲しいのです。
2010/01/18(月) 16:05:25 | URL | Hologon158 #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。