N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
鶯荘 線描き
IMG_1490 (2)












20号サイズの画を3点、11月の個展に出す予定にしていて、2点は7部通り描けてきたのだが、最後の1枚を何の建物で行くかずっと迷っていた。
描きたいものは沢山あるのだが、20号という大きさに耐えうる、ある程度は見応えのあるもの。
そして、実は3点に「デカダン・アパート」というタイトルを付けたいと考えていたので、それに相応しいもの。。。

ふた月ばかり迷っていたが、最終的に鴬谷駅に近い台東区根岸にあった古いアパート・・・「鶯荘」を横から見た構図で描くことにした。
このアパートもワタシにとってはかなり想い出深く、圧倒されるような時代錯誤な存在感を以て、平成の世まで残ったがついに無くなってもう数年経つ。何度か線画で描いてみたことはあったが、大きい作品としては初めてである。

晩年の姿は凄味さえ感じられたが、内側に中庭を持ち、アプローチの部分のデザインや丸窓など、竣工当時はさぞモダンで時代の先端をゆくものであったろう。「お妾アパート」の別称もあったという昭和の初期の、ロマンチックながらデカダントな雰囲気、そしてワタシが実際に見た晩年の、(一階部分は目茶目茶に色々な店舗が改築入居していたが)やや滑稽にして、それでも辺りを睥睨していたあの威容・・・をワタシなりに描いてみたいのである。
Comment
≪この記事へのコメント≫
skt様
>ありがとうございます。
sktさんの期待を裏切らない、好い作品をお見せできるよう頑張ります。
2010/08/12(木) 14:37:40 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
期待感盛り上がります
新作、着々と出来上がってきて、
個展が楽しみですね。§
2010/08/11(水) 22:45:55 | URL | skt #PYEWAL3E[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。