N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
気分で描くな



展示のお知らせ***

ピアニシモな建築たち 
銀座1-14-15白井ビル ギャラリーツープラス3F
7/7(金)~7/15(土) 日曜、木曜休廊
12:30~19:00 土曜日は17:00まで
詳しくは前エントリーを御覧下さい
90年代に描いていた頃、そんなアドヴァイスを貰ったのだった。
その頃、私の画面の中には多くの直線が横行し、線を描くことで、ある意味表現し尽くせないかと思っていた。
「気分で描く」とはどういうことか。
逆に、「気分で描かない」とはどういうことか。
その、今描こうとするものが、ほんとうに必要なものかどうか。必然があって、表現されたものは確固としたものがあるが、その思考なしに描いてしまったものは、多く無駄なものなのだ。
計算されたものであること。即ち無駄がないということ。しかし、画面にその計算が押しつけがましく出ないこと。・・・。そんなふうに、理解した。

だがそれを画面に実現していくのはたやすいことではない。だが、この言葉は非常に私を啓蒙してくれた。そして今でも、これを忘れないようにと、描くときいつも思う。
たとえば、私の好きなベン・ニコルソンやド・スタール、そして望月通陽、といった画家の作品には、本当にそれを感じるのだ。練り上げられたうつくしいかたちは、画面の中でのびのびと、かろやかで端正だ。
そんなふうに描いてみたい。
Comment
≪この記事へのコメント≫
いのうえさん
>どうも、お隣で失礼いたしました~。でもお話できまして愉しかったです。土曜日はお待ちしております~。あのあたり、さすがよくご存じですね。銀座もまだまだ裏にはいると、未知なる部分があって好いですよね。
2006/07/06(木) 09:21:58 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
本日はどうもでした
いよいよ銀座での開催が迫ってきましたね。 ギャラリーツープラスのある通りは アールのウィンドウのユニークなビルや 南米の衣料品を扱うお店があって とても好きな通りなんです。それでは会場にてまたお会いしましょう! 
2006/07/05(水) 23:51:11 | URL | いのうえ #-[ 編集]
greenagainさん
>私の場合、「作者の苦闘」は伝わらないほうがいいみたいです。近年は、トシのせいか少し力も抜け、以前ほど悲壮ではなくなった気もしますね~。
2006/07/05(水) 19:54:37 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
「必然とする線」を見つけ出すまでの苦闘
「この場所にこのような線が必要か否か」、ファイン・アートに取り組んでいると、自問自答します。
ベン・ニコルソン好き、neonさんの画風からして納得です。私もベン・ニコルソン好き♪

一見無機質で、体温を感じさせない絵は、絵を描かない人に作者の苦闘が伝わりづらいように感じます。残念です。
実際、こういうタイプの作品は、膨大な線と色を取捨選択した末に生まれるものだと思います(ちなみに私は血の気が多いので曲線派。献血回数が足りないようです)。
2006/07/05(水) 09:48:46 | URL | greenagain #-[ 編集]
scotchegg♂さん
>丁寧なコメントをありがとうございます。
ド・スタールはあまり日本では知られていないのですけど、ご存じでしたか。すごい。
かつて新潮文庫の福永武彦「海市」の装画に使われていました。福永が好きだった画家なのです。小説の中にも少し出てくるんですよ。この画がものすごくよくて。。。
無駄をどう削ぐか、というのは「洗練」というところにも関係すると思いますが、たぶんこれは生涯の課題でしょうねえ。
2006/07/03(月) 21:05:46 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
neonさんをなすもの
こんばんは。
ニコルソンという作家がわからず
検索したら
http://sohske.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_c508.html
neonさんのコメントにぶつかりました。

線で構築する作家でまずジャコメッティ
を思い浮かべました。
刻む線がジャコメッティの彫刻にも
共通するのも同時に浮かびます。

二コラ・ド・スタールはマーク・ロスコ同様にneonさんの作品を見てまず思い浮かべた
作家ですが、色面の構成よりも
境界線の処理や下地の効果の方が
影響下にあるのがわかります。
うつろいやすい色面に緊張感を与える
線描は無駄なモノを省いた結果なんですね。

自分から生み出されたものは、自身をあらわすと自覚的な態度。「私はコレがすき・・・」
と言いっ放しの無責任で拾う方あらば
ご勝手に・・・という風ではなく
自己責任の上での主張。

だから漂う作品力。

見習いたいです。
2006/07/03(月) 19:57:38 | URL | scotchegg♂ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。