N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
もっとpureに


ギャラリーツープラスでの初めての企画展が終わり、色々周辺を整理しているのだが、今回の展示で心に残ったのは、画廊さんとその周囲の方々の講評のなかで、自分の「これからの画の志向」が一致したということだ。

「ブルートタンの家」と「鉄塔のある風景」の2作が中でも評価された作品だったのだが、これは自分の中でも本当はそうあって欲しいと思っていた作品だった。しかしNomad展のときは売れずに残ったし、あまり声高に自分から前面に出してはいなかった作品である。それを意外にもプロの方が評価して下さったのは、正直嬉しかった。
今後どういう方向で画を描くか。それは個展の後いつも考えることである。展示をすると、今まで何年か描きため、描きつづけた流れを見直し、新たな段階へ持って行くという、普段できないことができるのである。それは多くの方に見て頂き、講評して頂いたことによって受ける力なのだと思う。だからやはり常に描くということ、定期的に展示をするということは大事なのだろう。

言葉ではあまりうまく言えないが、今後の私の画の志向として、より「pure」な表現ということは、頭のどこかに生まれている。それが具体的にどういうかたちになるかは、まだ自分でもはっきりわからないが。良い意味で、これまで見てきて下さった方々を裏切る作品が生まれるといいかな、などと思ったりしている。そのためには、またじっくり描いて描く時間が必要だろう。おそらく来年新作展をすることになると思いますが、どうか末永く見守って下さいますように。

今回の画像は、鶴見にある(今でもあるのかは不明)かもめ座という映画館を、少し換骨奪胎して線描きしてみたもの。中に入ったことはないが、とても魅力的な形をした小さな建物であった。2000年の個展の時これを大きい作品に仕立てて描いたが、また別の表現で描いてみたくなって、案を練っている。新作展では見られるかもしれません。

*お知らせ ギャラリーツープラスHPの、「作家・作品」の項をひらいていただくと、末尾に拙作品のコーナーがあります。常時見られますので、是非今後も参照頂けたら幸いです。
Comment
≪この記事へのコメント≫
2+さん
>こちらこそありがとうございました~。はい、そうなんです。静けさが違いますでしょう、そして細い路地は沢山のことを語りかけてくれますよね。
2006/07/24(月) 16:40:15 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
土曜日有難うございました。路地に一歩入ると世界が変わりますね。
2006/07/24(月) 15:29:02 | URL | 2+ #qx6UTKxA[ 編集]
タローさん
>いえいえ何をおっしゃいます、気が利かないながら、皆さんと飲めるのは大変愉しいですよ。何より、画のお話を聞けるのはとても勉強になりますし。こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします~。
2006/07/21(金) 10:14:28 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
お疲れ様でした
急な個展で何かと気ぜわしいことだったでしょう。特に初日など酔漢三人のお相手、恐縮です。凛とした空気の流れる展示空間で、絵と酒に心地よく酔わせていただきました。放言多謝。今後ともよろしく。
2006/07/20(木) 23:48:16 | URL | オーライです #-[ 編集]
yukiりんさん
>届きましたか~。遅くなりました。それと、ヨイショなんかじゃありませんよおっ。
cenパパはほんとしあわせもんです。
葉書どんどん使って下さいよ。また作りますから。新作展は一体どんなになるか、自分でも見当つきませんが、また是非見てやって下さいね。
2006/07/20(木) 20:46:15 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
届きました!
うわーいっ!早速お葉書届きました。本当に嬉しいです。しかも素敵な文字で書かれているヨイショお手紙まで付けて頂きまして恐縮です(^^; お忙しい中お手数をお掛け致しました。ありがとうございました。
どれもneonさんの優しさが伝わってくる作品でもったいないので使わずとっておくことに致します。(^^; また今後の作品がどのように変化していくのか本当に楽しみです。来年の新作展も期待しておりますよ。またお会いできる日を楽しみにしております。
2006/07/20(木) 16:44:44 | URL | yukiりん #-[ 編集]
ちはるさん
>わ~ちはるさん、お久しぶり、京都ではありがとうございました。ちはろぐのほうは拝見させていただいてますが。。。
タテ3本窓、自分でも可笑しいんですが、印象で描いていますので。鉛筆描き(3Bくらいのやわらかめ)も結構最近好きなんですよ。
2006/07/19(水) 16:07:02 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
この線の・・・・
この線のやわらかさが、とても心地よく
イイのです。
中央タテ3本の窓(?)が、誘惑してきます。
2006/07/19(水) 12:32:19 | URL | ちはる #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。