N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
新緑の無傷の傷み
framingo 002r











今年の連休は展示を入れなかったため、例年になく自分以外の展示を見に行けるのだが、混みあっていそうなところには出かける気にならない。
今朝はぽつりぽつりと雨が降り出して、都会の中でも湿りを帯びた新緑のの空気の匂いがする。
新緑の色合いは美しくて好きだが、木の芽どきと言われるように、特有の強い薫りがあってそれが何故かずきずきと傷みを伴うように感じられる。怖いもの知らずの若さのように、眩しいけれど危うい何かを孕んでいる。

ブリジストン美術館@京橋で「アンフォルメルとは何か」という展示を見る。
アンフォルメルとは「不定形」の意味だそうだ。
20世紀初頭のフランス絵画に於ける芸術運動・・・とのことであるが、まあ理論はどうでもよくて、ただワタシの好きな画家の画が2枚出ているので、それを眺めに行ったのである。

ニコラ・ド・スタールという画家の作品が好きで、昨年ある古本屋で手に入れた図録を大事に見ているが、あまり日本では有名な作家ではない。
この人の画も、シンプルだがどこか傷みを伴って見える。
以前も一度ブログに書いたので、詳しいことは省略。
で、実際の作品を生で見るのは初めてであるので、楽しみではあった。

美術館はそう混んでいなくて、スタールの画のある部屋は人も少なかったからじっくり見ることが出来た。
絵の具の乗りの重厚さが凄い。
印刷物の印象より10倍くらい厚くて、画の重みも相当だろうと思われる。

実際に見ると、やはり画家の息遣いが間近で感じられるようで、抽象画ではあるがワタシにはやはり他のどの作品よりも心に響くものがあった。作品としては地味なほうであるが、色彩の感覚がやはり優れているし構成力も素晴らしい。

1200円は高いが、まあこの作品をこの眼で見ることが出来たからよしとするか・・・

で、帰ってくると自分の画に向かいたくなり、またバーフラミンゴの続き。
まだまだですけどね。
Comment
≪この記事へのコメント≫
skt様
>今回の展示ではリンク張って下さった上記の2点が見られました。
大川美術館も持っているのですね~。一度だけしか行ったことがないのですが、とても好い美術館で、半日は過ごせそうな感じでした。松本竣介も持っているし。。。

スタールの画は、画集で見るだけでも多くを与えてくれるのですが、やっぱり実物の力は想像を超えるものがありました。
2011/05/12(木) 19:55:04 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
ニコラ・ド・スタール
日本にあるコレクションを数点、調べてみました。
・福岡市美術館「黄と緑の長方形」1951年
http://www.fukuoka-art-museum.jp/jc/html/index/fs_jc_index.html
・東京国立近代美術館「湿った土」1949年 ー?-1 昭和戦前期の美術 都市のなかの芸術家ー http://bit.ly/gYpbap
・群馬の大川美術館、タイトル不詳 http://bit.ly/gXnX5t
2011/05/12(木) 07:39:14 | URL | skt #PYEWAL3E[ 編集]
Hologon158様
>一筋縄では・・・
(笑)そうなのかもしれません。が、色々ここまで来るのに紆余曲折があり、抽象を目指しながらも具象に近くなったり、またそれも好いかもしれないと思ったり、・・・そして、また今現在は「情感のある抽象」に近いものを一番描きたいのかも・・・知れません。スタイルがまだ決まっていないと言えるのでしょうが、逆にスタイルが固定するのもどうかなという危惧も少しあります。
2011/05/10(火) 19:42:52 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
この作品もかなり抽象画ですね
立体感溢れる方向に、そう感じていたら、
次は、平面性を正面に打ち出す。
neonさんの世界は一筋縄ではいきませんね。
ますます深みを増している感じで、
うれしくなります。
2011/05/09(月) 23:57:17 | URL | Hologon158 #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。