N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
前作続き
010 (800x523)













前作の続き。
空の紅色を一旦激しくしてからまた抑え、
遠景もトーンを落とし、手前建物のほうを描きこみ。
地面の処理は、今回は全体がやわらかみのある雰囲気なので
色や線も強すぎないようにカーヴを多くしてみた。

線を硬線にせず、色鉛筆中心に
多少の揺れや歪みを持たせながら描いてみる。

これからもう少し「幻燈街」らしく、
ぽっちりぽっちりと灯りを点けて行こうと思う。
このところハードタッチが続いたので、この画は
甘く切なくなつかしく・・・と。

Comment
≪この記事へのコメント≫
CAZ様
>こういう町の独特の憂い、いじましさ、切なさ。ふらふらと迷い込んで行くには、やっぱり舗装されていない、水溜りのあるような路が似合っていますよね。
2011/06/12(日) 19:25:09 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
遠景の高層ビル群、都会から一歩離れた、懐かしく、切ない街。入り口の形状、壁面のデザインが一層物憂いさを醸し出してくれます。道はまだ舗装されていない、土煙の舞う道が似合っているような。
2011/06/12(日) 03:45:35 | URL | caz #-[ 編集]
隼人様
>実際にこんな建物があったら見てみたい
・・・そうでしょう、見てみたいでしょう(笑)。
>子供の頃の帰り道、何処かで見たような
・・・あ、駄目ですよ隼人クン、こんな妖しい通りを帰り道にふらふらしては。変なおねーさんに声をかけられてしいまいますよ!

>看板には屋号を
・・・ええと、「くらくら」とか「ぼんち」とか何とか小屋とか・・・いや、それ入れると売れなくなりそうで(爆)、やめときます。
2011/06/05(日) 15:32:55 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
Hologon158 様
>赤の色ですが、モニターを見ながら、どうしても画像だと限界があるなあと感じてしまいます。実際とはやっぱり一味もふた味も違ってしまっています。建物の紅色がもっと甘くて、暗部はもう少し不幸な感じ(笑)なのですよ。。。
この画は特に実物をお見せしたいです。。。

そういえば、奈良町は是非行きたいですね~。
2011/06/05(日) 15:26:57 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
ステキな色・・・
ワア・・・なんてステキな色なんだろう・・・実際にこんな建物があったら見てみたいなあ(棒)

相変わらずのアホ発言、お許しくだされ。

こうきましたかぁ・・・夕焼け小焼けと相まって、何だか子供の頃の帰り道、何処かで見たような光景に思えてきました。

またまたお聞きしますが、手前の看板には屋号を書き入れるのでしょうか(笑)

2011/06/04(土) 23:49:04 | URL | 隼人 #-[ 編集]
あったかいですね
空の赤がとてもノスタルジックですね。
ほとんど赤一色で作り出した情感が
とても親しみ深い感じがあって、心地よいですね。
「幸せ通り」という感じですね。
2011/06/04(土) 22:36:56 | URL | Hologon158 #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。