N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
辛口のファンタジーという味付け
IMG_2788 (2)












今回もまだ、アップ画像は写真ですが
段々にアイデア・スケッチや線画の類を出して行きますのでご容赦。

こういう魅力的なヤサグレ物件を、
どう味付けして、自分なりの謂わば辛口なファンタジーに仕上げるか・・・

楽しいけれど、工夫と感覚とヒラメキ(汗)を要するんですなぁ、
これが。。。
何事も簡単には行キマセン。
Comment
≪この記事へのコメント≫
Porcorosso様
>前の写真とともに、とても描きたい素材なのですが、必ずしも画にできるかは・・・まだわかりません(汗)。でも、何とも言えず惹きつけるものがありました。

写真はやはり出会わないと作品にできませんから、出会った時は気持が高揚するでしょうね~。
2011/11/06(日) 19:28:35 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
caz様
>このお店はすでに廃業しており(ご覧のように)、ビリボロの様相でしたが、なんとも言えず存在感があり、思わず人を立ち止まらせるものがありました。

タバコやさんにしてはかなり大きいので、往時は雑貨なども売っていたのかもしれません。色町の入口にあって、そういう意味でも色々妄想をかき立ててくれます。
2011/11/06(日) 19:25:25 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
これがどんな作品に、、、
下とこの写真と、2枚の画像が、どんな作品になるのか、、、
とても楽しみです。^^
こんな物件や通りがあると、どんな風に撮ろうか、私はわくわくしてしまいます。
2011/11/06(日) 18:59:49 | URL | Porcorosso #-[ 編集]
ほろ苦さと甘さ・・・なにとも年月を飛び越えて、その前に佇んだ時、その建物が記憶している歴史がフラッシュバックしてくるようです。
どのような店であったか(たばこ屋さん?)定かではないですが。トタンをカラフル(原色、パステル・・調)なプラスチックボードにして、One Shot Barに、中ではJazzがファンタジックなデカダンスを。
2011/11/06(日) 10:06:37 | URL | caz #-[ 編集]
i-leica様
>ありがとうございます。
なかなか味のある(笑)物件でしょう。
こういうのに出会うと、どう料理しようかと意欲湧きます~(笑)。

まあ、もうファンタジーという歳ではないのですが、そこはちょっと辛口に、というか全体的にほろ苦さと甘さをちょっとミックスした感じに仕上げてみたいなぁと。。。
2011/11/05(土) 11:49:42 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
辛口なファンタジー!
よい物件ですね!
こんな優良物件に遭遇するとずっと其所に居続けちゃいますね。
「辛口なファンタジー」とは言い得て妙!
来年度作にも期待しています!
2011/11/04(金) 22:52:26 | URL | i-leica #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。