N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
煙突ラプソディ














Y町は、出かけると決めれば案外さくっと行ける場所ではある。
小洒落た店の一軒も無ければコンビニさえ以前は少なくて、それをわきまえて或る程度の心づもりをすれば、すがれたスレッカラシには居心地の良い場所である(笑)。

車の多い通りから一歩はいっていけば、そこはもう町工場の坩堝。
日常には目にすることのないフォルムと、正体不明の匂いと、規則正しいつつましい機械音、剥き出しの金属の素材感、吐き出ている煙・・・。

この町近辺一帯が背負ってきた翳の部分のことは頭のなかに勿論置いて、だが描く素材として捉えるときは、一旦それは白紙にして、そして自分が心動かされたフォルムなどの美しさなどの要素だけを掬い取って、換骨奪胎しながら、自分だけの世界を画面にして行く、それだけ。描きたいのはリアルではなく、ファンタジーだから。とは言え多分どこかにちょっと毒を持った辛口の、なのだけれど。まあお許しを。



*****次回よりまた画をお届けする予定です。*****


Comment
≪この記事へのコメント≫
a1様
>こんにちは。
これは都内ですが、この一帯はもうこういうののオンパレードで素晴らしいです。是非是非ご案内しますので、その節は声をおかけ下さい。カメラ女子とか写ガールとかは絶対にいませんけれど、いいでしょうか?

確かに状況はとても厳しそうです。
でもその中で何とか生き抜こうという気概が感じられますよ。
2012/02/27(月) 16:46:32 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
i-leica様
>こんにちは。
此処、思わず声が出てしまうほど、ワタシ的にはキテル場所でしたよ。煙突がキノコのように群生(笑)しているのは大変愉しい眺めでした。

もう2月も終わり。やっと色々一段落しそうなので、是非歩きに行きましょう~。
2012/02/27(月) 16:42:14 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
こういう町工場の所を歩いて見たいなあ。
鉄を叩く音、油の染み付いた作業着を着た労働者…。
最近は不景気で厳しいだろうな、なんて余計な
ことも考えてしまいます。頑張れ、町工場。
2012/02/27(月) 11:38:53 | URL | a1 #-[ 編集]
こんばんは
ホッパーの上に突き出た煙突、連続しているところがよいですね!
ちょっと毒を持った辛口のファンタジー
そして、リアルとは近くはないが遠過ぎない絶妙な塩梅
なるほど、そういうところに成り立っているから惹かれるのだと思いました。

もう2月も終わり。そろそろ街歩きの計画をいたしましょう。^^
2012/02/26(日) 23:28:48 | URL | i-leica #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。