N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
二つの廃工場 その2
IMG_6520 (2)












前作続き、描き進んできました。


廃工場と言うと、荒んだ凄惨なイメージがあり
そういうのにも勿論惹かれるのですが、
作品ではそういう要素よりも
過去の時空間に対するいとおしみや敬意、
そして鎮魂歌的なもの・・・
そうしたものを重低音で奏でられたらいいなと
想いつつ。。

ちらほらしているのは、雪・・・
かもしれないし、何かのたましいのようなもの・・・
かもしれません。
見る人が自由に受け取ってくれればというところです。

まだもう少し描き込みます。
Comment
≪この記事へのコメント≫
caz様
>こんにちは、ありがとうございます。

廃工場ですが、凄惨なだけではない、いとおしさのようなものも含んでやりたくなります。

小松の工場、どんなだったのでしょう、興味を惹かれます。そうした、地方にひっそりと眠る遺構たちを是非訪ね歩きたいものです。
2012/06/27(水) 20:30:13 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
頑張ってくださいね。屋根、窓が加わって、過去の空間が再生し、懐かしい工場の響きが聞こえてきそうです。そういえば、昨日、石川の小松に行っていたのですが、機織り工場と思える建屋がひっそりと建ってました。ひとみさんは、この情景をどのように描くんだろうなんて思いました。
2012/06/26(火) 23:10:53 | URL | caz #-[ 編集]
隼人様
>こんにちは。まあ、ぼちぼちです。

窓の表現は、まだまだですよ~(予定では)。こういう建物だと、窓を魅せないといけないですよね。頑張ります。

あ、いつも展示のお知らせありがとうございます。会期が近くなったらお願いします。
古山さんご存知なんですね。
今回は私以外はプロの方々で、ド素人の私はキンチョーしております(汗)。3枚だけの出品ですが、あとひと月を切りましたので、精進しますです(汗)。

2012/06/18(月) 16:01:19 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
順調ですか?
こんばんは。

その後、如何でしょうか。順調ですか?

前回の絵からは全く想像できませんでしたが、こういうことになるのですね。仰っているように、自由に受け取らせていただきます。相変わらず窓の表現が秀逸すぎます、カッコイイなあ。

あ、遅ればせながら7月の展示の件、おめでとうございます。ご迷惑でなかったら拙ブログでも宣伝させていただきますので、いつでも仰ってくださいね。

そうそう、古山浩一氏と一緒なのですね。塔のシリーズは私の妄想の世界そのもの、こんな町があったらとよく思ったものです。

町工場シリーズ楽しみにしております。

では、また・・・。
2012/06/17(日) 21:32:58 | URL | 隼人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。