N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
雪の夕暮











不思議なもので、
暗くて寂しげで寒い風が吹いていそうな
こういう風景を描いていて、

最後に雪を降らせると
何故か画面がふっとあたたかくなるのです。

不思議なものですね。

(久しぶりの新作、サイズSM、もう少し手を加える予定です)
Comment
≪この記事へのコメント≫
i-leica様
>こんばんは。
ありがとうございます。
最近は赤線跡を撮る方も増えましたし情報もネットに溢れていますからね。
その中でオリジナリティをちゃんと出せるかが難しいところだと思います。

秋の展示はようやく会期もほぼ決まりました。どうぞよろしくです。
2013/03/02(土) 21:12:43 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
こんにちは
雪降る工場、イイですね。
ちょっと傾いた煙突もステキです。
先日、四谷のギャラリーでneonさんの描く路地裏迷宮を彷彿とさせる写真を見ました。
今年も秋の展示が今から楽しみです。
2013/03/02(土) 13:02:33 | URL | I-leica #-[ 編集]
caz様
>まだ寒い日が続きますね。
と言っているうちにもうすぐ3月。あとひと月で桜が咲くのでしょうか。。。
2013/02/25(月) 19:38:45 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
ほんと、そうですね。シーンと静かな世界が何とも落ち着かせてくれます。
2013/02/24(日) 21:45:32 | URL | caz #-[ 編集]
a1様
>そちらは毎日大変ですね。
今でも越後の雪の感触は覚えています。
春が待たれますねぇ。
2013/02/20(水) 19:37:29 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
雪と聞くと、ついピクッと反応してしまう、
悲しい性(さが)でござんす。
2013/02/19(火) 20:55:08 | URL | a1 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。