N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
前作続き その2
IMG_7325 (2)












前作続き。
これだけ「もの」の数が少ない画を描くのは
随分久しぶりかもしれません。

色は少し重ねるかもしれませんが、
「もの」はこれ以上増えない予定です。
多分。

先日、偶々ネット上でですが
かなり心惹かれる画家の作品を見つけ
その画面が今とても気になっています。
都内での個展は終わったばかりのようで
ちょっと残念です。
是非、そのうち実際に見てみたい。。。
私より、少し年若い方のようでした。
Comment
≪この記事へのコメント≫
caz様
>こんにちは。早くも4月ですね。

この画では、少しメンタルな世界を描きたかったのかもしれません。
必ずしもうまく行っているとは思いませんが、こういうアプローチも時にはしてみたいと思ったりします。
とにかく、マンネリではなくいつも何かが新しくありたいと思っています。
2013/04/01(月) 19:58:54 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
もう4月ですね。桜も早く満開になったのはよいのですが、この土日は寒く、花見には少々難ありでした。旗の切れ目から、あちら側に誰かが出て行ったのか、こちら側に誰かが来たのか?点在する光の浮遊物のみが知っている空間。静寂感とはちょっと違った虚無の空間が、旗と有刺鉄線で強調されているように感じます。
2013/04/01(月) 01:17:47 | URL | caz #-[ 編集]
Hologon158 様
>ホロゴンさん、ありがとうございます。

今回のはちょっと実験作です。
課題は色々ありますが・・・
精進します。
2013/03/29(金) 05:50:51 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
さらに進化を続けるneonさん
開いた途端、
この空漠、というか、
海漠というか、茫洋と広がる空間から鳴り響きました、
「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり」
旗の紐が切れているあたりから絶妙の虚無感が響いてきます。
これは傑作になるんじゃないでしょうか?
2013/03/29(金) 01:34:08 | URL | Hologon158 #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。