N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
夜光という町













川崎に夜光(やこう)という町がある。

本当に、名にし負う、という名前で、検索すればすぐに判るが、
ここの夜景は昨今特に有名になったかもしれない。

京浜工業地帯を彩る工場群の灯りが、異界のような輝きを放っているのは
やはり心惹く眺めである。

私の眺めて育った京浜の根岸の辺りの夜景も、
遠く続いていて、私には郷愁以外の何物でもない風景である。
昨今の工場萌えとは関わりなく。

画面にはこれから灯りを点灯していく。
海風に揺れているようにも見える、
静かで切なく、美しい無数の灯・・・。



0710-004.jpg

*この展示に参加しています。
(展示作品は10年以上前の過去作1点です。)



Comment
≪この記事へのコメント≫
caz様
>そうですか、営業先が・・・。
夜においでになったことはあるのか判りませんが、夜景すごかったでしょう。
画も、点灯し終えて少し華やぎました。
2013/08/22(木) 10:02:02 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
もう10年以上前になるでしょうか、よく小島新田でおりて、この工場地帯に営業にでかけたものです。なにか懐かしい風景です。
2013/08/20(火) 22:54:42 | URL | caz #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。