N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
滲んでよ


秋口に、高梨豊さんの「初國」という写真展を見に行った帰りにこのアパートに出くわした。つめたい秋雨があがった後で、アスファストがまだ独特の匂いを放っている暗い日だったが、都心の真ん中のビル街を近くに見ながら、この一角は一層湿気を保っているようだった。付近を歩いてみれば、何だか古い町名の表札や、がたぴしのアパートがかなりあって驚かされる。
そのなかでも、この一軒は特にどうという特徴のあるものではなかったが、真横から見ると窓や庇、階段の組み合わせも面白く、臭突が真ん中で建物を統括しているかのよう。そして何より全面グレーのモルタルなのだが、雨後の染みなのか長年の風化なのか、濃淡の意図せざる滲みが壁全体にできている。それがどうにも好いのだった。

肩肘張ってばかりいないで、滲んでよ、たまには。


[グレーのアパート] 2006 12×18cm
きなりの紙にミリペン、筆ペン、色鉛筆
Comment
≪この記事へのコメント≫
ようこそ
>風俗散歩さん
こんにちは、コメントありがとうございます。
この付近は西新宿ですが、古い趣のあるアパートが何軒も残っており、なかなか好いですよ。是非お歩きになってみて下さい。
2006/11/23(木) 10:03:46 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
窓や階段や1階の入口の配置が雑然としているところが、いい味を出していますね。
実物を見てみたいです。
2006/11/23(木) 07:47:43 | URL | 風俗散歩 #-[ 編集]
はい~
>カークさん
ご存知でしたか。お祖父さまがお住まいだった処とは。新宿の膝元にあんな界隈が残っているとは意外でした。
あ、カメラが故障すると何だか一気にがっくりしてしまいますよね。ワタシも京都でデジが故障したときは頭の中真っ白になりました。
2006/11/21(火) 15:52:17 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
モノクロのトーンも良いですね。中野坂上あたりでしょうか?
僕のおじいさんが疎開するまで住んでいたところです、夏に新宿から歩いて近くを訪ねて見ましたが、空き地も多いもののまだ所々に残っていましたね。昔住んでいたというあたりはマンションになっていました。
カメラのシャッターが壊れてしまい、力が抜けました(汗)。
2006/11/21(火) 09:43:06 | URL | カーク #zpbGWri6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。