N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
記憶の断片


個人的な想いを作品のなかに反映するかどうか、というのは勿論作家の自由だけれど、私の場合に限って言えば、やはりそれが反映していると言えるだろう。アラーキーが「私写真」とよく言うけれど、その言葉は私にも沁みる。何でもない風景でも、私情が絡むことによってかけがえのないものになる。それは個人的なモンダイなのだけれど、その想いの深さというのは、作品を見る側にやはり伝わるのではないかという気がする。

今私の掌のなかに、小さな硝子の破片とタイルの破片がある。
かつてあった建物の形見だ。
ガラクタというか殆ど芥にも近いものだけれど、私にとっては記憶の断片が今ここにあるような想いがする。
その想いを何とかまた画面に表現してみたい。


[雨後の町] 1993 A4キャンソン紙に顔彩、色鉛筆、パステル
Comment
≪この記事へのコメント≫
ありがとうございます
>2+さん
いつも温かいお励ましを下さり、ほんとにありがとうございます。とても感謝しています。気持ちだけでなかなかうまくいかないことも多いのですが、これからもずっと描いていくつもりです。応援してやって下さいませ。今大きいものを久しぶりに描こうと下図をつくっています。(乗せられやすいタイプです。)
2006/12/08(金) 13:09:37 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
昨日、NEONさんの展覧会を見てくれた8丁目の画廊のオーナーが久しぶりにいらして、絵の話などしていたのですが、NEONさんの絵の話になって「これを描きたい!どうしても描きたい!そんな気持ちが伝わってくる絵だよね」とおっしゃってました。私も嬉しくなりましたよ。
2006/12/08(金) 12:59:10 | URL | 2+ #qx6UTKxA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。