N的画譚

N町在住、陋巷の名も無き建築物を描くneonによる、日日の作画帖です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
廃街


クリスマス気分のまだまだ抜けきらない街、人びとのさんざめき、きらめく電飾。それを否定してしまうつもりは勿論ないのだが、あまりに明るいそうした街角に出たとき、何だか面食らうような気持ちにもなる。現実ではないような気がしたりもする。
で、今日の画は我ながら暗いです。まあお許し下さい。変わり者なんです。
これも現存しない、棄ててしまった画の一枚。でも、少し今見ると思い入れがないこともないか。

タイトルもない画なのだが、こうした廃墟のような町を描いたものはよく「廃街」というタイトルを付ける。これを描いたのは2001年頃だったか。廃れてしまった歓楽街、というイメージで描いたのである。
今はこうした、暗さを前面に出した画はほとんど描かない。というか、こうした暗さは内部に秘めていればいいかなという気持ちか。年齢的なものもあるだろう。画面にはもう少し淡々としたものを出したい。
しかし、こういう非現実の風景、或いはそれに似た現実のすがれた風景に惹かれる気持ちは変わらない。来る年も、やはりひっそりと廃れていく町を歩きに行くだろう。


[廃街] P12くらい 2001頃
麻紙ボードにパステル、岩絵の具、顔彩、墨など
Comment
≪この記事へのコメント≫
仰有るとおり
>ノリゾさん
でございます。
2006/12/31(日) 21:29:24 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
遠く温もりの町は有刺鉄線の崖の向こうです。
廃街には誰もいないがそこにある。

失礼をば。
2006/12/31(日) 15:45:07 | URL | ノリゾ #-[ 編集]
いやいや師匠
>妾番長さん
師匠は貴方様のほうでございます。って、やっぱりおいで下さいましたね~。遅いなぁと思っておりましたのですよ。でもほんとにこれ真っ暗でしょう(笑、いや泣)。
そうそう、私もその、人間なしの電飾ちかちか世界の切符を持っている人間ですよ~。
来年も是非おいで下さいませ。お待ちしております。
2006/12/31(日) 14:53:06 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
なんだか呼ばれているような・・・
でも、これはほんとに真っ暗ですねw
僕も賑やかな街を見ると違和感を覚えずにはいられないN的魂の持ち主です。
次の瞬間ここにいる人々がフっといなくなって電飾だけがチカチカしていたらなんて素敵だなんて、きっと師匠ならわかっていただけるかと。
よいお年を。
2006/12/31(日) 10:46:32 | URL | 妾番長 #Ztawh61w[ 編集]
そうですか
>ノリゾさん
ん~、まあ人それぞれでしょうが、ワタシがこの画を描いたときは、「暗いのを描くぞ、クライのを~」てな感じでした。「谷戸の町」のほうは、そうでもなかったんですけどね。
2006/12/30(土) 15:01:21 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
暗い、という印象は
「谷戸の町」の方が強く感じます、私には。
2006/12/30(土) 07:18:22 | URL | ノリゾ #-[ 編集]
親分。。。
>カークさん
いやはや、カークさんの親分ですか(汗)、う~んどうしよう。ではカーク兄ィ、これからハマは本牧の場末の、闇残るあの一角へ、襟立てて行くぜィ~。。。(ハイハイ読んでる皆さん、ど~ぞ笑って下さい)
2006/12/26(火) 20:14:07 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
ナイスです
真金町のアーケードに似ているような。

向こうからコートの襟を立てたやさぐれneonの姿が今にも現れそうです。
僕はひざまづいて「へい、親分、お待ちしておりました」と、、、木枯らし吹く廃れた街の片隅に消えていくのでした。
2006/12/26(火) 10:26:25 | URL | カーク #zpbGWri6[ 編集]
了解です
>Ariaさん
ブログ名変更了解です。(って、でも拙ブログは現在リンク表示していないのです、すみません。)
ええっ、この画のよーな町がお近くに。それはスバラシイ。栄枯盛衰、まあ賑わいのあった時分を知っていると、寂しさもあるでしょうね。でもまた枯れた味わいもあるかもしれませんね。
2006/12/26(火) 09:39:20 | URL | neon #Fos2lKYE[ 編集]
ブログ名変更しました。
度々すみません。
ブログ名を変更しました。お時間のある時に、変えていただけると喜びます。
2006/12/25(月) 21:17:05 | URL | Aria #-[ 編集]
こんばんは。
この画に似た飲屋街、私の住んでいる近くにあります。
そこいらを散歩するのは好きなのですが、昔の賑わっていた頃を振り返ると、ちと寂しい気もします。
あの頃は、楽しかったなぁ、と。
2006/12/25(月) 21:16:32 | URL | Aria #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。